サポートがないことも

結婚相談所と言っても、今までは個人個人にスタッフがつき、話し合いをして条件などを決めて、毎月1~2人など決まった人数を紹介してもらうというものがほとんどでした。もちろんサポートもしっかりしていました。しかし最近はインターネットでスタッフを通して相手を紹介してもらうインターネット型結婚相談所や、自分でマッチングする人を探し相手に連絡を送ってメールでの付き合いをした後、出会って結婚目的で交際するというマッチング型結婚相談所もあります。これらの結婚相談所は、いわゆる昔からの結婚相談所とは違い、一般的になったネットを利用した結婚相談所では、サポートは期待しない方がいいでしょう。

最新型の結婚相談所では、自分の好みのタイプや今までどのような人と会ったかなど、しっかり把握しているスタッフはつかないことがほとんど。このような場合は自分で成婚のための努力をしていくことが大切になります。どのような服装であったらいいのか、どんな内容の話をしたらいいのか。また話し下手な人はどのように克服したらいいのかなどが紹介されている、サイトや本などで努力することが必要です。

特に費用の安い結婚相談所ではサポートはほとんどなく、真剣に婚活を考えているなら少し費用がかかっても、しっかりサポートしてくれる結婚相談所を選ぶと良いのではないでしょうか。婚活に関して勘違いしてしまっている人は、サポートしてもらわないといつまでも成婚できないということにもなりかねません。

手厚いサポート

成婚率抜群の仲人型では、サポートがとても手厚くなります。例えば条件にしてもたくさんの条件を出した人には、条件が多ければ多いほど対象者はどんどん少なくなること。実際会ってみると、条件に満たない人の中にも結婚したいと思える人もたくさんいることなど、サポーターの体験を交えてしっかり説明してくれるような結婚相談所もあります。スタッフは自分の担当した人の成婚率が給料に反映する場合もあり、スタッフも必死に成婚させようという力が働くことにもなるのです。

またお節介なおばちゃんが開いた結婚相談所のような個人的な結婚相談所は、まるでお母さんのようにさまざまな助言をしてくれるという場合も。このような個人的な結婚相談所は、料金はもちろんかかりますが、ボランティア精神を持ってやってくれるので成婚率も高くなります。しかしこのような結婚相談所は現在少なくなっています。

お見合いのときの服装、態度の注意、言葉遣いの注意などもサポートしてくれますが、スタッフの助言として、やはり理想の高い条件についてです。また自分の条件に合った人と出会ったのに、そうなるともっと条件の良い人を望むようになるというタイプの人がいます。このタイプは3年も4年も結婚ができないタイプ。このようなことは意外と起こりやすく、ちょっと控えめな条件に合った人に出会うと、理想の条件をどんどん増やしていってしまうというものです。このようなことにならないように、しっかりサポートしてくれたりと、スタッフの体験を元にサポートしてくれるような手厚いサポートが一番有り難いサポートなのです。

関連資料>>仲人型結婚相談所<FIORE>です。
専任チームによる婚活のバックアップが受けられるため成婚率が高い結婚相談所です。

結婚相談所のサポート

結婚相談所といってもいろいろな種類があります。タイプによってあまりサポートが手厚くないところもあります。特にサポートはなく、もし相談したいときにはメールで相談窓口に連絡するタイプの結婚相談所もありますが、このタイプは分からないことを聞く程度です。サポートというのは、自分が迷ったときだけ相談するというものではなく、実は自分では気付かないことなどを注意してくれたり、助言してくれるところも魅力です。そのため本来のサポートを期待するなら、結婚相談所を選ぶことが大切になります。

一番細かいところまでサポートが行き届くのが仲人型の結婚相談所です。特に個人的にやっている小規模な結婚相談所の方が、その人にあったサポートをしてくれます。また仲人型は自分担当のアドバイザーがおり、成婚までずっとサポートしてくれるため、やはり1年以内の成婚率は抜群。ただし料金は高くなりますが、同時にその料金が出せるような相手ばかりだということ。そしてみんな真剣だということなので、1年と決めて頑張ってみるのもおすすめです。また特定型も仲人型の1つに含まれますが、特定な条件にあった人だけが入会できるというもので、費用も高くサポートもしっかりしている場合が多くなります。

データマッチ型はいわゆるネットでマッチングした人と、メールのやり取りからスタートして出会いへと進むタイプです。このタイプの場合はサポートがあるタイプとないタイプがあります。もしサポートがあっても、基本的には自分の条件とのマッチングをコンピューターが行うというものなので、あまりサポートが介入することはありません。